FC2ブログ
大工用品、建材を中心に、釘一本からリフォームまで。アットホームなホームセンター

営業時間 AM8:00~PM7:00            定休日  水曜日     

金物、工具、農具はもちろん! 

取り寄せ&配達もおこなっております! 2割引の特売品もあります!

リフォームなどのご相談もお気軽にどうぞ!      ☆☆おまちしております☆☆

津市一志町日置133   tel059-293-2323   フリーダイヤル0120-100-122


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家の近くに、「かんば」と呼ばれる場所がある

地元のはびこる大きな川に沿ってあぜ道があって、
そこを永遠と歩くと、「かんば」に着く

「かんば」をはじめて知ったのは
小学生のときの通学団集会のときで、

地区ごとに集まって話をする通学団集会では、
六年間、かならず同じやり取りが繰り広げられた

「行ってはいけないところ、危ないところはどこですか?」

「はい、かんばです」

あの頃は当たり前のように「かんば」イコール危ない
と頭にインプットされていたけど、

実際、冷静に見ると、通称「かんば」はさほど危なくない

たしかに、川がすぐそばにあるし、
ガードのない橋があって、そこから先は少し怖い

でも、歩道のない見通しの悪い道路比べたら、危ない匂いはない景色の良いところだ

今では、「かんば」とは、どこからどこまでの場所をさすのか、
どういう意味なのか、疑問が膨らむばかり

昨日、友達と、久しぶりに「かんば」に行ってみた

夜のかんばは、薄暗くて気持ち悪かった

そもそもかんばって、誰がつけたんだろう
何の名前なのか

「神なる場所」的な意味合いだろうか

神なる場所に近づくべからず

うん、きっとそうに違いない

神なる場所には何かがあって

昔の人はなんとしてでも、
そこに人を近づけたくなかったのだ

かんばには、昔の人が、神とたたえて信じてきた何があったのだろうか

・・・・・
 
近々、映画化に期待!


というわけで、今日は新しく玄関に登場した
えびね蘭をご紹介します

小さい花がとても可愛い蘭です

二つ苗を分けてもらったので、
可愛がって育てます


PicsArt_1335774573917 (1)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。